シミウスジェルは4種類。「ライト」や「リッチ」など違いは何?

シミウスホワイトニングジェルの種類について

シミウスホワイトニングリフトケアジェルは、メビウス製薬から発売されている薬用美白ジェルです。

 

 

シミウスホワイトニングジェルには、実はいくつか種類があるのをご存知でしたか?

 

  • シミウスって1種類じゃなかったの?
  •  

  • オールインワンなのにいくつか種類があるの?

 

こんな風に思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

広告に出ているのはどれも同じものに見えますよね…?

 

シミウスジェルを実際に使った当サイト管理人が、早速シミウスの種類について解説していきます!

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルの種類

 

元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんも愛用しているというシミウスジェル。

 

実は4種類あり、

 

 潤いのレベルで分かれています。

 

▼シミウスジェルの4タイプ

 

 

シミウスジェルは、

 

  • ライト
  • ノーマル
  • リッチ
  • スーパーリッチ

 

この4つのタイプに分かれていて、「ライト」が一番さっぱり使えるタイプで、「スーパーリッチ」が一番しっとり潤うタイプですね。

 

宣伝広告に登場しているシミウスジェルは全て「ノーマル」で紫色の容器ですね。

 

私も、シミウスにこんな種類があるなんて知らずに1個目を定期コースで購入しました。

 

定期の初回はみんな「ノーマル」が届くんですよね。

 


 

で、商品と一緒に入っていたパンフレットで潤いレベルが4つあることを知ったんです。

 

そろそろ2個目かな、という時に口の周りの乾燥が気になってきたので、「ノーマル」から「リッチ」にタイプ変更してみました。

 

 

▼「リッチ」は薄紫のパッケージ

▲容器も「ポンプタイプ」に切り替えてみました♪

 

 

種類の変更は、シミウス公式サイトの「マイページ」で簡単に、しかも追加料金とか一切なくできたので便利でしたよ!

 

シミウスジェルの「リッチ」は潤いレベルが上がるので、一日乾燥を気にせず過ごせるようになりました。

 

 

3個目の時には、真冬でかなり乾燥が気になってきたので「リッチ」から「スーパーリッチ」に種類変更。

 

 

▼「スーパーリッチ」はシルバーのパッケージ

▲今回、容器は「スリムタイプ」に変更です。

 

 

スーパーリッチは、人により「べとつく」と感じる事があるそうですが、私にはピッタリの潤い感でした。

 

のびも良いので、ちょっと少な目で塗り広げるぐらいがちょうどいい位でしたね。

 

私は、冬が近づくにつれてどんどん乾燥が進むタイプなので、潤いレベルが選べるシミウスはとっても便利でした。

 


 

一年を通してオールインワンで過ごすことはこれまでムリだったんですが、シミウスなら「本当にこれ1つ」でお手入れが済むのでやっぱり楽

 

追加で購入するアイテムもないので経済的でもあります!

 

私のシミウスジェル体験の詳細は『騙された?!シミウスの口コミ 40代が3個使い続けた効果は?』のページで書いておりますので、良かったらご覧になって下さい♪

 

種類変更の注意点

 

シミウスジェルの種類変更は電話でもできますし、シミウス公式サイトの「マイページ」からならお好きな時にピピっと処理できます。

 

どちらの方法でもひとつだけ注意点を挙げると、「変更処理は、次回お届け予定日の1週間前までに行う」事が大事です。

 

シミウスの定期便は、お届け予定の1週間前から出荷の準備に入るようなんです。

 

 なので、こういった種類の変更や、お届け予定日の変更などは出荷準備に入る前に行う事が必要となってくるんですね。

 

 種類を変更しようかどうか迷って、もうちょっと時間が欲しいな〜という時は、お届け予定日を遅らせる処理をまずしておいて、その間に考えるという手もあります。

 

何か分からない点などがあったら、シミウスのオペレーターさんに相談してみても良いですね。

 

(シミウスの問合せ窓口は9時から21時まで年中無休で受け付けています)

 

 

種類が変わると中身も変わります

 

シミウスジェルには潤いレベルに応じて4つの種類があります。

 

どのタイプでも「薬用」で「医薬部外品」であることに変わりはないので、シミ・そばかすを防ぐ効能効果があります。

 

ただ、配合されている成分は変わってきます。

 

このコーナーでは、シミウスの成分について確認したいという方の為に4タイプ全ての成分をご紹介していこうと思います。

 

シミウス ライト

 

【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス(1)

 

【その他成分】
精製水、1,3−ブチレングリコール、プロピレングリコール、1,2−ペンタンジオール、アロエエキス(2)、アロエ葉肉末、アロエ液汁末(2)、パルミチン酸レチノール、テトラ2−へキシルデカン酸アスコルビル、天然ビタミンE、水溶性コラーゲン液N、サクラ葉抽出液、ハイビスカス花発酵液、サンゴ草抽出液、レモンエキス、ローズマリーエキス、マツエキス、ホップエキス、シコンエキス、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス(1)、トウキンセンカエキス、トウモロコシ油、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青色1号、赤色106号、香料

 

シミウス ノーマル

 

【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス(1)
【その他の成分】
精製水、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、プロピレングリコール、1,2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液、シコンエキス、サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス(1)、トウキンセンカエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青色1号、赤色106号、香料

 

シミウス リッチ

 

【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス(1)
【その他の成分】
精製水、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、ジグリセリン、プロピレングリコール、1,2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液、ハチミツ、ローヤルゼリーエキス、加水分解ローヤルゼリータンパク液、豆乳発酵液、オクラエキス、サクラ葉抽出液、シコンエキス、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス(1)、トウキンセンカエキス、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、トレハロース、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青色1号、赤色106号、香料

 

シミウス スーパーリッチ

 

【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス(1)
【その他の成分】
水、ジグリセリン、BG、グリセリン、PG、ペンチレングリコール、パルミチン酸レチノール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、トレハロース、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ハチミツ、ローヤルゼリーエキス、加水分解ローヤルゼリータンパク、豆乳発酵液 または、乳酸桿菌/豆乳発酵液、オクラ果実エキス、水溶性コラーゲン、ソメイヨシノ葉エキス、ムラサキ根エキス、アルニカ花エキス、フユボダイジュエキス、スギナエキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、セージ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイ花エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、トゲキリンサイ/ミツイシコンブ/ウスバアオノリエキス、コメ発酵液、ヒメフウロエキス、コーン油、ヒアルロン酸Na、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG−40水添ヒマシ油、キサンタンガム、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30))クロスポリマー、水酸化K、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、青1、赤106、香料

 

ざーっと見てみると、どれも大体同じような成分が入っているように見えますね。

 

詳しく見てみるとスーパーリッチの成分配合が他とちょっと違うかな、という感じです。

 

私はライト以外の3つ(ノーマル、リッチ、スーパーリッチ)を使ってみたのですが、ぬってみた感じはどれもほとんど違いは感じられませんでした。

 

特定の成分にアレルギーをお持ちの方は、念のため成分を確認してから種類変更をした方が良いですね。

 

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルは、発売から500万個を売り上げる話題の美白オールインワンジェルです。

 

2018年3月から「潤いのレベル」や「容器の種類」が選べるようになり、年間を通して自分らしい使い方ができるようになりました。

 

紫外線対策は、とにかく年間を通して行うことが大切です(紫外線は冬も降り注いでいるんです)。

 

シミウスのバリエーションを最大限に利用して、5年後10年後も笑顔あふれる私でいたいですね!